SO WHAT? 

All is fair in love and war!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マジョリティの声に押されてなのだろうか | main | 人類の進化 >>

樹木希林さん追悼文

樹木希林さんの追悼文で、一番良かったのは、ドリアン助川さんの追悼文でした。

 

新聞記事なので、埋もれてしまうのがもったいないと思いました。

こんな文章です。(下野新聞掲載。問題があればご一報ください)

 

この春、食事をご一緒した際に、樹木希林さんはご自分の体が映ったCTスキャンの画像を無言で差し出した。宴席でのその行為はあまりに唐突であり、私や関係者から言葉を奪った。「もう、治しようがないのよ」

 

あの日から、覚悟はしていたのだ。しかし、こんなに早く旅立たれるとは思ってもいなかった。希林さんには差し上げていなかった旅の写真がたくさんあった。もっともっとお伝えしたい歓喜や感謝があった。

 

小説「あん」に映画化のチャンスが訪れた私は希林さんに手紙を書いた。ハンセン病療養所でお菓子を作り続け、哲学者へと変わっていくヒロインの徳江。彼女を演じられるのは、希林さん、あなたしかいないのです、と。希林さんからは色よい返事をいただいたが、「私は人の裏側ばかり見ている腹黒い人間なのよ。決して善人じゃありません」とも言われた。

 

映画「あん」(河瀬直美監督)が完成してから、どれだけ一緒に旅をさせてもらっただろう。全国を回るPRの旅、カンヌをはじめとする世界各地の映画祭、あるいは小さな町や離島で行われる上映会まで、希林さんは実によくおつき合いしてくださった。そしてその旅のなかで、希林さんがおっしゃていることの半分は正しく、半分は正しくないとすぐにわかったのだった。

 

なかば紛争状態にあったウクライナでの映画祭。周囲からは止められたが、「そういうところだからこそ行ってあげたいわよね」と希林さんはおっしゃり、2人だけで現地に向かった。「あん」を見終わったあと、目頭を押さえているウクライナの人々を希林さんは静かに抱きしめた。

 

福島県・会津の山間部の中学校では、映画の感想を言えずに固まってしまった女生徒を、希林さんはやはり全身で抱きしめた。

「私も同じだったんだよ。ひとこともしゃべれない子だった。でも、胸のなかにはたくさんの言葉があるよね」。

女生徒は無言のままうなずいた。

 

こうしたシーンを何度そばで見せてもらったことだろう。希林さんはたしかに人間の裏側までを見ている。だから権力者に対してはしんらつな言葉も放つ。だけども、私たちが本能で知っている通り、あらゆる人間に対する深く豊かな愛情を希林さんは持ち合わせていた。だからこそ、彼女のユーモアはきらめき続けた。

 

ウクライナの映画祭からの帰り、希林さんは自宅へ戻らず、なぜかそのまま沖縄へ向かった。翌日、辺野古埋め立てを阻止しようとする沖縄のおばあたちと腕を組む希林さんの姿があった。映画祭からの衣装そのままで。

映画 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする