SO WHAT? 

All is fair in love and war!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 僕のドラえもんは、22世紀に帰ってしまったのだろうか | main | 500人回してください >>

「歴史」においては、色々なものが闇の中に消えていく

だいたい夜寝る前に、近現代史の本を読んでいることが多いです。

 

そうすると、いろいろな事件の最中や前後で、さりげなく人が死んでいることが多い。

 

記述としてはちょっと触れられる程度。

 

だいたい、下っ端の方の関連人物が死んでいく。

 

重要な意味を持つ場合もあるけれど、よく事情はわからない、ということが多い。

 

 

 

よくわからない力学が働いて、人が死に追い込まれていく。

 

「大きなもの」のため? 何だかよくわからない日本的な「責任」??

 

馬鹿な、たかだか、そんなもののために人が死ぬなんて。

 

私が家族だったら、たまったものじゃない、と思いますね。

- | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする