SO WHAT? 

All is fair in love and war!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 誰のことを気にかけているのか | main | ネットにつなげたいだけなのです >>

大戸屋の美味しいご飯を10年後も20年後も食べたい

ものすごく久しぶりに、大戸屋に行きました。

 

「四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食」を頼みました。

(写真は大戸屋のHPより)

 

野菜たっぷり。優しい味付け。

削りたての鰹節がたっぷりついてきます。

野菜の味、みそ汁のわかめの味が、素朴に力強く感じられます。

 

まあ、ちょっとべた褒めしすぎかもしれませんが、このファーストフード全盛の時代に、こうした「自然食派」の定食が、800円台で食べられるのには、感動してしまいます。もちろん、家で時間をかければ作れる「家庭的」定食ですが、忙しい時代に、安心して外食でこういう定食が食べられるのは、貴重です。

 

さて、ちょっと前の東洋経済ONLINEに、「『大戸屋』はなぜ『やよい軒』に勝てないのか」という記事が載ったのを、読んだ方はおられるでしょうか。

http://toyokeizai.net/articles/-/144847

 

読んで、唖然としてしまいました。

 

この記事では、大戸屋が「投資が重たい割に回収が少ない」非効率的なフランチャイズ経営だとしてやり玉にあげられています。

いわく、「セントラルキッチンをもたず、すべて店内調理で行うために、手間・コストがかかりする。結果として、「売上高は増えても営業利益は変わらない低収益・ゼロ成長」の経営になっている」と批判し、さらに「ほっともっと」で養ったノウハウを生かして急成長している「やよい軒」と比較して、店舗数で抜かれるのは時間の問題だ、と結論づけています。

 

記事に対するコメントにもあるように、そもそも、コンセプトの違う2店を比較するのには無理があります。やよい軒に店舗数で抜かれたとしても、それが何の問題があるのやら、わかりません。

 

それよりも、ここまで「経済第一主義」に居直ることができる無節操さには、呆れるほかありません。数字だけ追っていけば、「モノを売ったり買ったりする」その内実を一切捨象して、純粋に利益のプラスマイナスだけで成立する世界ができあがり、それが「市場」と呼ばれています。もちろん、誰もこの「市場」から逃れられはしないのですが、そうやって単色の色で世界を眺めていると、世界はたいそうつまらないものに見えてはこないのでしょうか?

 

もちろん、この記事の方が正しいのかもしれません。数年後に大戸屋は潰れてないとも限りませんから。

 

いつもマイノリティになってしまう私としては、そうならないように、大戸屋で美味しいご飯を食べ続けたいと思います。

食べ歩き・その他 | comments(3) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

落ち着いてください。この記事はこれはこれでいいと思います。

だって、東洋「経済」ですよ。食についての雑誌じゃなくて、経済についての雑誌(のON LINE)なんですから、「経済」という視点に絞って、勝手に勝負させて記事にしてもいいじゃないですか。まあ、両社の合意があれば、ですけど。

実は私は、やよい軒の株も、大戸屋の株も、両方持っています。そして、「株」という視点で見れば、やよい軒(プレナスという会社です)のほうが安心感があります。そういう比較をする人にとっての記事なんだと思います。
奇面のP | 2017/01/11 12:33 AM
うおおおおおおお〜〜〜
これが落ち着けるか〜〜〜!!!


・・・・って、大戸屋のことではなくて。

無線LANがつながらなくなりまして、昨日は大パニック?(でもないが)でした。・・・それ以上に、一瞬つながった時に書いたこのコメントの返信が、ネット不調で消えてしまい(けっこう長いコメント)、昨日は絶望して眠りました。。。。

で、同じことを書く気力が、やや失せてしまいました(汗汗汗)

結論から言うと、P先生のおっしゃる通りです。いつもいつも、私の早とちり?を諫めてくださり、ありがとうございます。

軽い反論?もあるのですが、棋力が失せた、ではなくて、気力が失せたので、一言だけ。純粋に「経済」目線で見た場合でも、セントラルキッチン方式になった大戸屋に、現在の固定客来るの? 調理の効率よくなっても、固定客を失って、結果的に売上減るんじゃないの?という突っ込みです。企業理念抜きにして、売上伸ばせばいい、というのは、やはり違和感を感じます(もっとも、あの記事も、店舗調理に「こだわりすぎ」という言い方をしていて、全く無視しているわけではないですが)。

その他、あの記事にはいろいろと「ちょっと違うのでは?」という点があるのですが、それはスルーで。

それよりなにより、P先生が大戸屋の株もやよい軒の株も持っている、ということの方が驚きです。「どん」だけではないのですね。どんぶり勘定人生の私と大違い。今度、大戸屋とやよい軒行って、株主優遇券か何かで、ぜひおごってください!
管理人 | 2017/01/13 1:47 AM
外食産業の株は、「ココイチ」「大戸屋」「プレナス」だけですので、本当にたまたまです。経営が安定していそうで、株主優待もある、長期保有の株を探した結果です。
…「どん」の株は持っていませんよ。経営が危なかったですから。

一時期、「どこの株を買おうかな」なんてことを気楽に見るのが楽しかったことがありましたが、今はただ持っているだけ(塩漬け)です。まあ、いざというときの切り崩し候補で、250万くらいですかね。
奇面のP | 2017/01/13 10:41 PM
コメントする