SO WHAT? 

All is fair in love and war!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

This is 中華!!

私が「普段使い」で使う常連の中華料理店は3つあります。

仮に、A店、B店、C店としましょう。

 

今日は、そのうちC店に行きました。

私が行く店ですから、当然料理人も店員さんも中国人の方です。

あまり綺麗な店ではなくて、外見の様子から、潰れていると思っている人もいるようです。

 

今日は時間がなかった(わずか20分しかなかった)ので、日替わりのランチから「野菜炒め」定食を頼みました。

ちなみに、C店はたまに料理人が異なる人の場合があって、その場合は、ちょっとイマイチになります。

なので(当たり外れがあるので)、私の中で3店の中では「3番目扱い」。

だから、日替わり「野菜炒め」も、あまり期待していませんでした。

 

野菜炒め定食が来ました。

見ただけで、「熱々」の、スゴイエネルギーを感じます。

 

一口食べたら。。。。

 

熱々!!!!

 

しかし、これは嬉しい「熱々!!」だ!!!

 

気をつけないと、舌が火傷しちゃうのだけれど、気をつければ、ちゃんと食べられる熱さ。

そして、一口、口に入れると、目が「カッッッ」と開いて、気合が入る熱さだ!!

 

なんでこの「絶妙な熱さ」の火の通し方ができるのでしょう??

これは、「中国人がやっている中華料理店」だと、出てくるんです。

日本人がやっている日本風の中華料理だと、絶対に出てこないんです。

 

食べると、身体にエネルギーが注入されたような感じになるんですよ。

栄養とアドレナリンが、ガツ――――ンと、身体の芯まで「来る」感覚。

 

しかも、それに「辛さ」は必要ないんです。

「辛さ」が上記のような効果を発揮する場合もあるのだけれど、「辛さ」がなくても、「火の通し方」だけで、エネルギーは伝わるんです。

 

野菜がいっぱい入っていて、とろみのかかったソースで和えられています。

いろんな野菜が入っている!!

そして・・・・しばらくして気づいたのですが・・・。

なんと「肉が全く入ってない」!!!

 

肉がゼロで野菜のみ、文字通りの「野菜炒め」なのですが、それを「火の通し方&ソース」だけで、これだけの「エネルギーの基」に変えてしまうなんて!!

 

本当に、ちょっと感動しました。

 

量もたっぷり、しかもこれで500円なのですから、涙が止まりません。

 

しかもしかも!!

入店→注文→待つ→食べる→支払い、までが、20分弱で終わってしまいました!

料理が速いんです。

 

A、B、C店とも、どれも「食べログ」などでは、さほど紹介されていません。

「地元民の知る店」なので、食べログなどで高得点がつくことはないんです。

 

ちなみに私は、「普段使いの店」とか、「私が常連になっている店」は、ここで店名を出さないし、料理の写真も撮りません。

純粋に私が「食事をすること」を楽しむ店なので、しかも穴場なので、そういうことはしません。

 

ちなみに、ちょっと前のネット記事で、東京に住む中国人に、「美味しい中華の店は?」と聞くと、日本人向け雑誌とかサイトではほとんど紹介されていない店の名前が挙がる、という話が載ってました。池袋とかその界隈の話ですが、そうだろうな、と、私も思います。

 

わずか20分の、「至福の時間」。本当にご馳走さまでした。

 

JUGEMテーマ:グルメ

食べ歩き・その他 | comments(0) | -

「皇妃」とか「皇太子妃」の扱いを想像していただければ

NHKの「ファミリーヒストリー」で、デヴィ夫人を取り上げていました。

 

貧しかった家族の家計を助けるために銀座のクラブで働き、そこで来日したスカルノ大統領に見初められて、「大統領夫人」になってしまう。

「根本七保子」から、「デヴィ・スカルノ」になってしまったわけですね。

 

一昔前は、インドネシアに少しでも関わりのある人間にとっては、まがりなりにも「元大統領夫人」であり、敬意を表すべき方ではあったのです。・・・それが、日本のテレビタレントになってしまってからは、だいぶイメージも変わってしまいました(残念なことに)。

 

ジャワ島のブリタールというところにあるスカルノの墓を訪れたことがありますが、デヴィ夫人とその娘のプロマイドを売っていて、ちょっとした「アイドル」的扱いでした(大昔の話ですが)。テレビタレントの姿しか知らない人からしたら、こんな姿は、ほとんど想像外かもしれませんが。。。

(すいません、写真はまた拾い物)

 

- | comments(0) | -

あれれ、この場所って??

大坂ナオミ選手が東レパンパシフィックオープンに出場しました。

 

さて、初戦会場が「アリーナ立川立飛」というところらしい。

テレビで流れた映像では、かなり恰好いい本格的コートです。

立川にそんなところあったっけ?と思って調べてみたら。。。

 

どうやら、私が昔、11年ほど住んでいたアパートのすぐそばにあるらしい。

歩いて5分ほどの、本当にすぐそば。

大坂ナオミが20年前に来ていたら、見に行けたのに。。。

 

気になって、その周辺の現在の地図を見てみました。

私が住んでいたころは、大して周りに何もないド田舎だったのですが。

 

あれれ、なんだか色々なものができて栄えている!!!

ららぽーと立川立飛とか、ケーズデンキってなんだ〜〜!!

 

モノレールが通った後、この辺りに色々な施設ができたのか。。。

今ここに住んでいたら、超便利な場所だったろうに。。。。

 

何だかちょっと損したような??気分でした。

 

(かなり最近できたようですね↓)

https://www.nikkei.com/article/DGKKASFB01HDB_R01C16A1L83000/

 

 

 

 

 

- | comments(0) | -

Iphone最新型の比較表

とあるところでの拾い物。(拾い物で勝手に載せてすいません)

 

話題の最新Iphoneの他機種との比較だそうです。

 

 

おお、懐かしのPC6001にMSX、そしてX68000!!!

やはり、X68000が一番優秀ですね!!!

 

IphoneXSはいまいち。。。

 

さらに別の比較。

 

Iphoneは顔認証がつきましたが、文鳥さんはなんと、声の認証まで可能!!

Siri(尻)もしっかりありますし。

さらに飛行、理由なき激怒、求愛ダンス!!までついている!!

重さも軽いし、カラーバリエーションも多い、水洗いもできるし値段も安い!!

無敵ですね!

 

かいぬしー、って、なんだ???

 

・・・ということで、購入の参考にしてください。

- | comments(3) | -

まだまだ健在だと思っていたのに

樹木希林さん死去。

 

「万引き家族」で見たばかりで、その映像がまだ頭にちらつきます。

 

実はあの映画の中でも、亡くなる役だったのですが、まさか死期が近い中での迫真の演技だったとは。。。

 

ご冥福をお祈りします。

映画 | comments(2) | -

紅茶党より切なる願い

セブンイレブン限定の飲料に、「アールグレイ」があります。

 

 

これ、滅多に売ってないんです(涙涙)

貴重品。

 

そもそも、ここ近年、コンビニで紅茶全般の影がものすごく薄くなりました。

置いてありますが、だいたい棚の一番下とか、隅っこの目立たないところ。

紅茶自体の人気が、あまり高くないのだと思います。

 

生粋の紅茶党たる私にとっては、悲しい限り。

そんな中、私の「大好物」であるアールグレイがあるのは、嬉しい限り!!

香りも、コンビニ飲料にしては悪くありません。

 

しかし、前述の通り、セブンイレブンでも、滅多においてない!!

見つけたらいつも、ストック用にたくさん買ってしまいます。

 

紅茶党の皆さん!そして紅茶党でない皆さんも!!

セブンイレブンでこの「アールグレイ」を購入しましょう!!

そうすれば、もっと多くの店で置いてくれるはず・・・・・

ぜひご協力ください!!

 

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

 

食べ歩き・その他 | comments(0) | -

平和な国なので

河野太郎外相のこの「苦言」は、正論だと思いました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000605-san-pol

 

あらゆることが「内向き」です。

 

新聞はまだましと思うのですが、今はみなさん、新聞を読まないのですよね。。。。

社会 | comments(0) | -

ゼロではない

何も書く気力がない、ということを書く気力くらいはある一日でした。

- | comments(0) | -

すべてのことを考えたいという欲求

ちょっと前の将棋番組で、郷田真隆九段の特集がありました。

 

四段でタイトルを取った若い頃の話で、なぜ長考するのか、と聞かれて、こう答えています。

全て文字に起こしてみます。

 

人から見れば、何を考えているのかな、ということになるのかもしれないですが、僕から言わせれば、何で考えないのかな、という(感じです)ね。

今はずいぶん定跡が体系化されて整理されていますが、整理できていない状況が僕らの若い時だったので、自分で定跡を作るというか、考えるという気持ちもあったし、もう分からないことはない、と人に言い切れるくらい、すべてのことを考えたい、という欲求があったんですね。

 

 

これ、ちょっとすごいですよね。

 

 もうわからないことはない、と人に言い切れるくらい

 

 すべてのことを考えたい、という欲求があった

 

ですよ??

 

全盛期の頃の、郷田先生の「凛とした感じ」が好きで、ファンになったのですが、そこには上記のような「欲求」があったのだな、と、改めて「恐れ入りました」。

 

(若かりし頃の郷田先生・写真はネットからの拾い物)

 

将棋 | comments(0) | -

なぜ邪魔をする

伊達公子以来の「テニスマイブーム」が来そうな大坂ナオミの活躍。

 

決勝進出の時点で、「まあ、勝つのでは??」という感じでした。

 

なんといっても、まだ若くて伸び盛りですからね。

 

 

・・・・しかし。。。。

 

謎のハプニングが発生。

 

ここ数日、「大坂ナオミの優勝ニュースが流れそうな時間」だけ、

 

私の部屋のテレビが壊れて映らない、という、謎の現象が。。。。

 

なぜかトップニュースが流れる時間だけ壊れて、30分くらい経って

 

トップニュースが終わったころに、ようやく直る、という

 

怪奇現象。。。。。。。。

 

キャー――――――――――!!!!!!

 

丸二日くらい、肝心の見たいニュースが見られず。

 

インタビューはネットで見ました。。。

 

 

 

- | comments(0) | -