SO WHAT? 

All is fair in love and war!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ズツウトレタ

1週間近く続いた頭痛が、今日やっと取れました。

 

世界が突然開けて見える!!!!!

 

孫悟空も、ずっと頭痛がしていたのかなあ・・・などと、この1週間は、阿呆みたいなことを考えていました。

- | comments(0) | -

在来種&オムレツ&カレー

松本から西に進む国道158号は、上高地や乗鞍高原へと続く険しい山道です。

初めて走ってみたのですが、蕎麦屋が多いのに驚きました。

今回は、評判が良かったここに行ってみました。

 

◆蕎麦カフェ ぐりんでる (松本市安曇)

道の駅「風穴の里」の向かいにある蕎麦カフェ。

「カフェ」だから、蕎麦以外にも食事を出しているのですが、それは「裏メニュー」で、本格的な蕎麦屋です。

 

ここは「奈川在来種」のお蕎麦を出すということで、楽しみにして行きました。

 

蕎麦は端正でとても上品なお蕎麦ですね。

「初めは塩で食べてください」と言われましたが、確かに塩で食べるのが美味しいです。

私としては、こういう蕎麦はむしろ何もつけずに食べたい(実際、最初の2口くらいは私は何もつけません)。その方が蕎麦そのものの味がよくわかります。

汁は格別に濃い汁なっています。ほとんど醤油に近いくらい?

江戸蕎麦を意識したものなのでしょうね。

 

蕎麦も美味しかったですが、それ以上にインパクトがあったのが、他のメニューでした。

 

まずは、オムレツ。

ふんわりとしたオムレツ。甘い味付けで、おろしと鰹節がかかっています。

手前は昆布。そばに限らず、とても料理上手な方なのだなということがよくわかります。

 

 

カレーライスのハーフが480円であったので、食べてみました。

これが「裏メニュー」なのですが、ネットで美味しいという評判だったのです。

食べてみて、「なるほど!」という感じ。スパイスの効いた本格的な辛みのあるカレーで、カレー好きの方でも満足するものでしょう。

オムレツもそうですが、大変バランスよく仕上がっていて、「純粋に美味しい」ですね。

 

在来種の蕎麦も食べられた上に、それ以外の美味しい料理も堪能。

満足した昼食でした!!

 

JUGEMテーマ:グルメ

 

蕎麦食べ歩き | comments(4) | -

2017年10大ニュース

もう2017年が終わりです!!

 

2017年の10大ニュース。

 

1位 私の記憶が高速で消えていく

2位 「つまようじ」という言葉が出てこなかった

3位 「何を覚えていなかったのか」が思い出せない

4位 過去のことを思い出そうとすると頭痛がしてくる

5位 カズオ・イシグロのノーベル賞受賞

6位 中略

7位 昨日出した新しい歯ブラシが消えた

8位 藤井聡太さんのことを世間の人がいっぱい話題にしていて驚いた

9位 大晦日に食べたイタリア風お節料理が美味しかった

10位 宮田先生の詰将棋が解けない

 

・・・・全力で2017年の出来事を思い出してみたのですが、思い出せたのはこれくらいでした。。。

他に何かあったでしょうか?

 

皆さん、よいお年を!!!

 

 

 

 

ランキング | comments(2) | -

有馬記念でした

有馬記念です。

 

毎年、うちの奥さんに選択は任せます。

 

馬の情報一切なし。

 

今年も、出場場の一覧を見せて、はいどうぞ。

 

ルージュバック!!

 

瞬殺。本当に、2・3秒の選択でした。

 

 

調べたら、10番人気でオッズ50倍なものの、穴馬としては、「あり」らしい。

相変わらず、恐るべき慧眼。

 

 

 

・・・さて、いざ、出走。

 

ルージュバックは枠番11。

 

おお。。。。。。。ルージュバック、最初からスローペース。

 

っていうか、最初からずっとビリッけつ

 

1000mを過ぎ、第3コーナーをまわって、いくらなんでも、・・・・・

 

と思ったら、そこでもびりっけつ

 

 

ああ、今年は終わった、と思った、その次の瞬間!!!

 

最後の直線に差し掛かる直前から、突然人が変わったように、

 

じゃなくて馬が変わったように、ルージュバックが、猛追!!!

 

ビリから、ぐんぐん抜いてくる!!

 

TV画面に映らないあたりから、ぐんぐん画面中央付近に!!

 

あわや、まさか!!

 

 

・・・・・ということはさすがになく、先頭を行くキタサンブラックはいくら何でも遠すぎた。

 

それでも5着。

3・4位辺りには届きそうなくらい追い上げたから、立派というべき。

 

負けましたが、十分楽しめました。

お疲れ様でした。

 

(画像はネットからの拾い物)

- | comments(0) | -

なぜこんなところに絶品パスタが???

宍戸駅という駅を知っているでしょうか。

友部駅の隣、水戸線で二番目の駅なのですが、先週ここで「フェスティバルin冬の陣」というお祭りがあったので、行ってみました。

 

田舎の無人駅ですが、お祭りの時は別。

予想外の人出でびっくりしました。

お目当てはお蕎麦。

手打ちそばが安い値段で振る舞われるのだとか・・・

ところが、行ってみたら長蛇の列ができている!

これは・・・・・子供連れの私には無理。

 

代わりに別のものをいろいろ食べてみたのですが、イタリアンの屋台が出ていて、試しにパスタを食べてみました。

それがこちら。トマトクリームソースのパスタだったかな?

 

めちゃくちゃ美味しいです!!!

なんでこんな田舎の祭りの隅っこの屋台で、こんな美味しいパスタが????

私の好みのさほど油っぽくない・塩辛くないパスタだから、ということもありますが、何より全体的な味のバランスが秀逸。素材が絡み合った時の味の統一が、素晴らしい。

個人的には、今まで食べたパスタの中でも最上位に位置付けたいくらい!!(個人の感想です)

・・・発泡スチロールの皿で立ち食いで食べたので、特別に美味しく感じたのでしょうか?

店の名前を確認すればよかったのですが、子供連れでバタバタしていたので、逃してしまいました。

 

オーガニック系?のお洒落な店がいろいろ出典していて、そのうちの一つでカレーを食べてみました。

これもなかなか美味しい。

根菜がたっぷり入っています。味も私にとって「バランスが良い」辛さ。こちらも大満足でした。

 

なかなか面白い祭りでした。

来年も来てみるかな。

JUGEMテーマ:グルメ

食べ歩き・その他 | comments(2) | -

冬はけんちん

水戸駅南の「やぶそば」のけんちん蕎麦をいただきました。

 

美味しいけんちん蕎麦!

野菜がいっぱいとれるし、あったかくなるし、ボリュームがあってお腹いっぱいになるし。

いいとこづくめです。

この店は、本当に「穴場」。

いつも本当に重宝していますね。ごちそうさまでした!

 

蕎麦食べ歩き | comments(2) | -

決め所は読んでいる

順位戦C級2組、藤井聡太四段と高野智史四段戦をみました。

 

最も感心したのが、下の局面。

9筋から仕掛けた先手に対し、後手がうまく対応して、玉を戦場から遠ざけ、さらに8・9筋を逆襲して、勢力関係を逆転させたかに見えた局面。

有利だったはずがだんだん押し戻されて、逆転??

藤井四段ピンチ!!に見えたのですが・・・・。

次の1手は何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲9七桂!!!

 

以下、8七歩成に8五桂と飛んでしまい、9八とには6四香と打って王手飛車の筋もできます。

お荷物になってしまった飛車を見切ってしまえばよいのですね。

 

しばらく進んで、最後の大詰め。

詰めろ逃れ詰めろで、5三にいた角を8六にでたところですが。

これはわかりますね。

 

 

 

 

 

 

▲5九角!!!

 

大変気持ちがいい手。

この局面までくればわかりますが、もっとずっと前の時点でこの手を読んでいて、この局面に「持って行った」わけですね。

△同角成に3一銀以下の詰みになります。

 

 

将棋 | comments(0) | -

将棋の本質がわからない

永世七冠達成の会見出だし。

 

・・・一つの大きな記録を達成できたということで、嬉しい気持ちあります。」

 

「も」って、なんだ???

 

あまり重要なことではないが、言われれば、そういう嬉しい気持ち「も」ある、というところでしょうか。

 

メディアの見出しやTVの報道などでは、この会見で一番取り上げて欲しかったところが、全く取り上げられていませんでした。

 

それは、以下のところ。

 

もちろん、記録としてのものを目指していくというところもあるのですが、やはり将棋そのものの本質というものをどれだけわかているかと言われれば、まだまだわかっていないというのが、実情だと思うので・・・・そういう気持ちを持って、次に向かっていけたらと思います。」

 

 

相も変わらず、これが羽生将棋の本質です。

 

七冠だの、竜王奪取だの、そういうことは最重要ではない。

 

そんなものは、たかだか、人間界の出来事に過ぎない。

 

 

どこまで行っても、将棋の本質がわからない。

 

どれだけ読んでも読んでも、将棋の答えに行きつかない。

 

永世七冠、タイトル通算99期、前人未到、空前絶後、そんなものは、大したことはないのです。

 

 

 

将棋がわからないのです。

 

という言葉が、ホモサピエンス史上最高のレベルに達した人間の口から出てくるんですね。

 

だから、「ああ、言われてみれば、『嬉しい』という人間的な気持ち「も」あるなあ・・・・」という台詞になるわけです。

 

そういうことですね。

 

将棋 | comments(0) | -

流行語大賞

テレビをあまり見なくて、世情に疎いので、今年の「流行語大賞」は、あまり聞き慣れない言葉が多いです。

インスタ映え、って、。。。。使うんですか???

 

ひふみん、って、何??でしょうか。。。。。

- | comments(4) | -

処理能力の低さ

100m走を朝から晩まで50本くらい何度も走ったような気分の一日でした。

 

忙しい、というより、自分の処理能力の低さが原因だろうなあ。。。。。

 

- | comments(0) | -